しっぽはプープー sippopupu.exblog.jp

2012年4/5生・MIX♂ ヘタレだけど「えらいネ!」が大好きな「七宝」の癒しの毎日♪たまに猫まんがも描いてます♪


by りんりん
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

備忘録 (ブログ、続けたいです)

b0251624_17212528.jpg
 「やあ みニャさん♪ こんニャちは!
…ちょっと ごぶさたしちゃったんだニャ」


b0251624_17324229.jpg

「しゃしん も いんすた とかゆーのの
つかいまわし ニャ…(ためいき)
ニャげかわしい………」


のっけから スミマセン…(^o^;)
先に yummyさんへお礼かたがた宣伝(?)記事
上げさせて頂きました
(ご本人承諾頂いてます)


今回は かなり私事の上、
長文ですので…
お時間に余裕があって しかも
気持ちにもゆとりあるよー的な時に
お付き合い頂ければと 



実は 2週間前の週末に
当アパートの 店子さんが急逝されまして…
色々 あったご家庭なんですが

主人の実家の持ち物である我が家・アパートに
私らが引っ越すよりも前から住んでいらして

しかし高齢
ここ2・3年身体を不自由にされたご主人が
大変そうだったのですが…


夜中にいきなりの救急車
そのあと パトカー、検死官(でいいのか)の車
お巡りさんのウチの主人(一応 大家なので)への 事情聴取…
(医師の立ち会わない死はそういうことに
なってしまうんですね)など


しかも 他界したのは
大変そうと思ってたご主人でなくて
奥さんの方

その日の夕方から、布団に伏せっていたのを
身体の悪いご主人、気づかなかったようなのですが、
その前から既に… しかしいつ頃から も曖昧。

救急隊員の怒号なんか聴こえてくる深夜
他の部屋の店子さん方も どうした事態かと
顔を出す状況


実はその3日前に 
私 仕事へ出かける前、ベランダで布団を上げて
たところへ
アパートのアプローチを、黒いコートに黒い帽子姿で
寒そうに目の前を通りすぎようとする奥さんに
寒いですネ と声をかけたのでした

奥さん、振り向き加減で 軽く会釈しただけで
すぐ行ってしまったので
先にある駐車場の車へ向かったのかと、
私は そのまま布団を持って、リビングへ上がってきたのですが、
駐車場から車のエンジン音 聞こえないのが
ちょっと不審(この辺りではまして寒い日に
車以外に移動手段はほぼ使わないので)に感じながら
仕事へ出かけるのにバタバタして
出てからは 全くそれを忘れてしまったのでした


その3日後の急逝でした
67歳だったそうで

(身体の何処かが悪いような話もなく…
不自由なご主人を、度々病院へ車で送り迎えもしてた
…のですが…その3日前見た姿は、あとで
「そんなはずがない」と言われることになる
のですけど…)


さておき、後に残されたのは
身体の利かない旦那さんの方。
三人子どもがいるけど、色々あって絶縁状態


しかし、なんと
三人とも お母さんの訃報をきいて
未明に 駆けつけたようで。

翌日 警察署との行ったり来たりで
ウチのダンナさん、ちょうど早朝から仕事でいないと言う日。
私が窓口というか。
事情をどの辺まで聞いて良いのやら…と
応対させてもらいましたが


長く住まわれてて、ちょっと問題もあったり
ダンナさん実家で頭抱える店子さんなんですが
子どもさんたちも呆れて、絶縁状を叩きつけたとか。

きょうだい3人が会うのも
かなり久しぶりだったよう…



なんというか
でも その後1週間毎日 訪れて
お父さんを連れて車で行政や施設訪問
買い物やいろんな手続きをしてたみたいで


いまは少し落ち着いたようで
姿はないけど、毎日 コープの車が。
こういうのも子どもさんたちが手配したんだろうかねぇ
などと


そういう事態が落ち着くまで
なんだかもう 可笑しな話なんですけど
こっちも落ち着かず
何も出来なかったなぁ とか
少しでも付き合いがあれば、奥さんも
こんな結果じゃなかったかなぁ などと
ダンナさんと話したり…


b0251624_21281702.jpg


私事ですが、昨年末から どうも立て続けに
周りで直接間接で
訃報にあってまして


喪失感という
エネルギーイーターに侵されている感じ(?)

気力の方がクタクタな感じ。
(体の方は言わずもがな・笑)
今日はもう遅くなってもいーや と
近くの日帰り温泉に一人浸かって
パワー充填してきました


今まであんまり感じたことはなかったけど
ブログ書くのも巡るのも エネルギー必要なんだなー((^^;笑)
インスタの方は、気軽に出来るとこが
こういう時には良いのでしょうか
(こっちはちょこちょこあげちゃうんですが)

そんな訳で 皆さま方のところへ
しばらく参上しておりません
おゆるし下さい





そして

立て続けの訃報が
「母親」という立場の方に多いのが
自分の内では意味があるのか… と
思い至るところもあり

12年 音信不通であった実母に 
電話をしてみました。私


この実母という女性とは
本当に言い尽くせないことが山ほどある相手
なのですが。


生まれて初めて
この母親という人の口から
「ごめんなさい」という言葉をききました
「あなたには本当にいろいろ つらくあたったり言ったりした
ごめんなさい」
と、電話口で 泣いて言われた時は

まったく 感情が動かなかったのが
自分でも不思議だったのですが……




いまこれを書いていたら
なんだか 涙が止まらない

…のは 何故でしょう ね




電話なんかして良かったのか悪かったのか?

でも、いま
よくわからないけど、きっと
相手は もしかしたらずっと
謝りたかったのかもしれないから
その機会をあげられて良かったのか? という
気持ちになりました ネ…


昔から
どんなに小さなことでも 家族に
謝る、ってことをしないひとだったから。
悪いのは いつも周り。 自分以外のすべて。


それが 180度の変化というのは…
私にいろいろあったように
この人にも いろいろあったのか

いずれ もう少し ゆっくり
話せる時が来るなら、聞くことになるのかも
しれませんが



これを書いて
なんだろう …
自分の内で 確実に融けたものがあるような
そんな気がします

思いもしないこと。
ブログやっていて、これを書くのには正直
躊躇もあったけど… 良かったな と。いま…


この世界には
どんなに小さな出来事も それ単体で起きて
いることはないのだ、と言われますが…
その通りなのですね
何もかも 神さまの手のひらでつながっている
その糸がひとの目には見えるものでは
ないだけで



この出来事が意味することが
なんなのか、いまわからないし
あえて わかろうとしない自分もいますが
きっと私の内の何処かで
融けて流れて和合していくものがあるのかと
感じます。


この感じ、 もう十数年前に
先々代の猫が旅立った時にも
そっくり同じ事がありました…

その時も ブログとは(自分にとって)不思議な
ものだなぁ と思わずにいられませんでした





しかし ひとさまには 訳のわからない私事。
お付き合い下さって本当に恐縮です

いつも ありがとうございます




b0251624_23480904.jpg



ところで 間を置いてたら
なんですかー(^^;
アプリがいつの間にか 変わっててー(泣)

すごく書きにくいですわ
写真も上げづらいことこの上ない
なぜ こんなことに!

前記事から立て続けに こちらもすぐアップして、
コメント欄を 申し訳ないのですが
しばらく閉じたいのですけれども
それが出来なくなってるので…の旨を
添えたかったのですが~((((;゜Д゜)))


(-_-;)

そんな訳で…
本当にすみません
大騒ぎですわー(。-∀-)笑





b0251624_23581377.jpg









[PR]
by sippohapu-rinrin | 2018-02-24 00:05 | 備忘録