しっぽはプープー sippopupu.exblog.jp

2012年4/5生・MIX♂ ヘタレだけど「えらいネ!」が大好きな「七宝」の癒しの毎日♪たまに猫まんがも描いてます♪


by りんりん
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2013年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

寒いですネ~。


仁んの一件以来、バタバタしていたのと、 

期間中出来なかった事など片付けていたら、

もう、2013年齢もお仕舞じゃありませんかー


そんなこんなしていたら、気に入りだった携帯が見事に壊れ、、、

なんだか流れでスマホデビューしてしまい、

今、悪戦苦闘で壊れ物扱うように、ガンバってますー


これも、スマホから初投稿。


しかし、写真が入りませんニャ。何故ニャー?


まぁ ぼちぼちですニャー。



ところで仁くんは、この間の日曜日、

朝、後ろ足をケガしてベランダに現れ、

8時頃の事だったんですが、泡食って、

つい第三日曜が、掛かり付け動物病院の定休日だって失念し、

ほぼ拉致のように、彼を車に積み込んでブっ飛んで行き、

病院駐車場でただUターンして戻った・・と言う、、、


申し訳ないことをしてしまいました。

ケガは、噛み傷で。

病院から事前に貰ってある、ケガ用の抗生物質でだいぶ良くなりました。

去勢しても、喧嘩はするんだな・・泣

ネックカラーも、その時外れちゃったみたいで。

わずか一週間。

こんなことも見越して、同じ物を買ってあるけど、

喧嘩はするんじゃかえって危ないのでは? と、保留に。


今夜からは、雪にもなるようで、山あいのこの辺りも、えらい冷え込んでます。

仁くん、今日午後ベランダを訪れてから、

以前一時 仁くん部屋にしてた部屋に、寄せています。

寒いのと、ケガもあってか、外へは出たがるものの、

ダンナさんが宥めたら、大人しく段ボールのなかに敷いた座布団に、収まってます。


ダンナさんが、今週末 猫好きの旧い友人夫婦に話して、

里親になって貰えないか効いてみる、と言っております。


とにかく、どんな話でもしてみよう。


良い子なんだ、仁くん。

あったかい家族を見つけてあげたいッス・・




 
[PR]
by sippohapu-rinrin | 2013-12-18 20:47 | 七宝以外? | Trackback

仁くん・その後

ご報告が遅くなり、すみません~ (>_<)

一昨日、携帯からアップしたのですが、どうも操作ミスで記事にならなかったみたい (>_<)



さて 仁くん

先日の日曜日、引き取りに行って参りました。


件のお宅で、入って行くと 押し入れの中に籠っている、彼の姿・・・(^_^;)

声をかけた途端 「にゃぁ~ん」 と可愛い声で鳴いて、まん丸な目でこちらを向き、

抱っこしながら出してやると、私の前でゴロンと横になり、

今度は、里親さんになるはずだった方の前でゴロンとなって、スリスリ ・・・(・_・;)



元里親さん(と、言おう)の話では、


先週金曜日、引き渡しして、私達夫婦が帰った直後、


仁くん 態度豹変・・・



押し入れに籠ったまま全く出てこず、

心配したもと里親さんが、手で撫でてやろうとしたら、「シャーッ」と威嚇したとか。

そのまま翌朝も、ウェットフードを少し食べただけで、押し入れに籠り、

お水も飲まない感じ。


仕事から帰宅したら、トイレは使った跡があったけれど、食べず飲まず。


元里親さん、どうして良いかわからなくなり、かなり自信を失ってしまったようで、

ならば、早いうちが良いだろうと、引き渡し翌日の夜に、電話をくれたという事でした。



まぁ、


それは非常に残念だったのですが、 ともかく日曜日・お昼頃お迎えに行った時には、

その日曜・朝には、押し入れから出てきて、ゴハンも食べお水も飲み、おトイレもし。

元里親さんに近寄っては来ないものの、前日よりは少しリラックスして居る様だと。



でも、やはり、こういうのは一度ダメと感じたらダメなのでしょうかネ (^_^;)

 
私も、電話の内容が 「仁くん、こういうカンジなんだけど、こういう時はどうするのがいいのかな?」

と いうような事であれば、先の見通しもあったと思うのですが、

「即引き取って欲しい」という事は、もう先の期待はないってことですものネ (^_^;)


猫も人のほうも、お互いに良いタイプだと思ったので、良い相性だと感じていたのですが、


とても残念。



人間同士でも、絆を結ぶには何かと時間の要るもの。

ましてや言葉の通じないもの同士なので、ソコントコ、ちょっと猶予というか、欲しかったなぁ・・・

・・・というのが、正直なところでした。




そんなこんなで、

またまたウチヘ戻ってきた 仁くん (^_^)



連れ帰り、まず部屋の中へ入れて、美味しいゴハンをあげまして、
 
で、やはり窓辺で 外へ出たそうにするので、開けてみたら…

自分からベランダへ出て、すぐ手すりに上がり、「にゃお~ん」と一声。


そして、手すりから外のアプローチへ降りて行き、また「にゃお~~~ん」 と

今度は大きく鳴きながら、また手すりに昇り、また同じように降りて・・・ を、

3回繰り返した後、 これまでと変わらない感じで、敷地外の畑の方へ行ってしまいました。


「か、帰ってくるんかな・・・??」という夫婦の狼狽(?笑) もとい、心配をよそに、

2時間もしないうちに、「にゃお~ん」と鳴きながら、ベランダに現れた 仁くん。

またたらふくゴハンを食べて、外へ遊びに行きました (^_^;)



なんか・・・ 変わらない。

これまでと、全然 同じだ・・・(^_^;)



違うのは 彼が去勢済で、ワクチン打ってて、

ウチのTEL番号縫い付けたセーフティネックカラーをしてること。

(しかも、コイツは暗闇で光るんだ~(^。^)y-)

そして、びっくりするほど、マーキングをしなくなったこと。


でも、本にゃんは、まるで何事もなかったように、今までのようにアウトドアライフをエンジョイ!




・・・猫って なんか さすがだ (^_^;)  そう思わずにおれません。




人間の方は、

やはり 彼のこれからのことが気になるので、

里親募集サイトに何カ所か載っけたりと 余念なく動いたりしてますが、

彼の幸せは、本当は 野 にあるのかも知れない・・・などとちょっと思ってみたり。



「これから」はともかく、 「いま」は彼、とっても元気です。




それが、なにより本当に嬉しい (*^_^*)





いろいろ、応援頂いたり、ご心配おかけしました。


心から、心から ありがとうございました(*^_^*)

願った結果では決してないけど、彼は私たちのもと、野へ帰って来て、実に幸せそうです。




これからの展開は再び、宇宙に祈りながら(笑) 元気に 仁くんとともにいたいと思ってます。



これに懲りずに、どうかまた遊びにきてやって下さいニャ (*^_^*)
[PR]
by sippohapu-rinrin | 2013-12-11 20:17 | ベランダ猫 仁くん | Trackback

なんということか・・

仁くん

先程、里親さんから電話がはいり、

全く慣れる様子がないし、押し入れに入ってゴハンも一度しか食べようとしないし、悲しい声でないて可愛そうなので迎えに来てほしい、と連絡がありました。


なので、明日

お迎えに行って参ります!

もう少し様子を見てほしいとは、お話ししたのですが、なかなか上手くいかず。

でも、こういうのは早い方が良いのかもしれません。


気持ち的には、正直、非常~~に残念で、落胆してますが、ちょっと募集サイトなどにも登録してみます。

引き続きあちこちに声かけ!里親募集!


仁くん、ガンバれ!

私もニャ!(>_<)
[PR]
by sippohapu-rinrin | 2013-12-07 20:56 | ベランダ猫 仁くん | Trackback

これにて 了。

b0251624_2015637.jpg


仁くん

本日・夕方 無事里親さんへお婿入り 

完了 しました (*^_^*)


 ↑ フォトは婿入り出発前。 まだウチの一室にいて休んでいるトコロを窓外から。

 気がついて、こちらを見てます。



今朝は、早く起きて色々準備!・・・のはずが、何年かぶりに(>_<)寝坊などしてしまい、

気がついたのが、にゃんと10時45分! げげげーーーっ(・_・;)

大慌てに慌てながら、15時出発に備えていたので、ゆっくり彼と別れを交わす時間も、

最後の撮影会?をする時間もなく・・・ (>_<)


でも、それでよかったのかも。


・・・だって、そんなに別れを惜しんでいたら、きっともっと辛くなるでしょうし、

これからの 新しい里親さんとの彼の生活に、エネルギー的に(?・笑)水を差すヨ (^_^)


だから これで  ネ (*^_^*)


b0251624_2013311.jpg


しかし、彼は 「太い」ですよん。

 ↑ フォトは、里親さん宅。


かかりつけ動物病院で、術後診察・医師に紹介後 彼を里親さんへお引渡しし、

その後 夕暮れの中 一緒にお宅へ向かったのですが、

着いて 部屋でケージから出してすぐ 部屋中の探索を さっそく。

b0251624_20192735.jpg



まったく臆する様子、ナシ (^_^;)


鳴きますが、怖くて鳴くとか威嚇で鳴くとか、そんなではないカンジでした。



そして、なによりホッとしたのは、


まだ逢って間もない新しいお母さん(里親さん)の座るひざ元で、

ゴロン とお腹を見せてくねくねして、ゴロゴロやる姿を見せてくれたこと・・・

(もう、絶対写真に収めたいトコでしたが、カメラ、間に合わなかった~~不覚!(>_<)

b0251624_20244046.jpg


b0251624_20354718.jpg


 ↑ お宅でも、すぐに もりもり食べてました・・・(^_^;)



仁くん、

きっと新しいお宅でも、必ずや早いうちに慣れて、

十分やっていけるカンジの子ではないかな、と 改めて思いました (*^_^*)

(後は、脱走さえ気をつけて頂ければ・・・(^_^;) 




夏前に、ガリガリに痩せて、体躯もいまより二回りくらいは 小さかった仁くん。


ベランダへ現れて、

何気なくゴハンをあげるようになり、その性格の良さとルックス(笑)に惚れた私。

ウチの子達との相性も、窓越しにだけどだんだん慣れて挨拶もすろようになり・・・悪くなさそう。


家族になってはもらえないかと、病院でまずやったウィルス検査で、エイズ陽性とわかった時。


あんなにつらいと思った時はなかったなぁ・・・


一緒に暮らせないけど、なんとかならないかと、彼に優しいお家をきっと捜したいと思い続けて。

まだまだ始まったばかりだし、本当に手に負えないと判断した時には、

いつでもまた引き取りますので、とは言い置いて里親さん宅を後にはしたけど、

きっと 大丈夫。


私の仁くんへ 「してあげたいと思った事」

(それが、本当に正しいのかどうかはわからないけど、 では、

仁くんの身の上を知って、なお 彼を野に放置することは正しいことなのか?も

わからないけど)

は 全部かなえた。  かなった。


これで いったん 了 。



励まして頂いて、元気と勇気頂きました。

本当にほんとうに 心から ありがとうございました。

これは、ウチのにゃんこのぽ~にゃんのブログなんですが、このブログやってて良かったなナ・・・


私の、この感謝の想いが、ポジティブな美しい光となって、

地球を通じて、宇宙を通じて、

どうか 届くべきところへ

それを必要とするところへ 届けられますように。


b0251624_211376.jpg


 「ボクも忘れないでニャ~」

 ↑ しばらく登場を控えられてしまった ぽ~にゃん (^_^;)・・・ゴメンよ~


[PR]
by sippohapu-rinrin | 2013-12-06 20:00 | ベランダ猫 仁くん | Trackback

お婿入り 前夜

明日は 仁くん、

いよいよ お婿入り(?)の日 です~。


私がナーバスになっても仕方ないことなんだけど・・・(^_^;) まぁ…なんだかメランコリック。

嬉しいけど、 寂しい~~…(T_T)

でも、これは自然の流れなので、手放すことが一番 (*^_^*)


b0251624_2033160.jpg


 ↑ 本日の彼です~(*^_^*) 大きく伸び!



実は 彼、外暮らしの時からなぜか 殆どまったく、「水を飲まない子」 だったんです。

どこか安心できる水場を持っていたのかもしれないけど、

私らの前では、どんなにカリカリをたくさん食べようとも、

用意しておいた器のお水に、ちょっと口をつけたことが、たった一度あっただけ。

どこで飲んでいたのか、やっぱり今となってはナゾ・・・(^_^;)


去勢手術後、ウチヘ入って貰ってからも、器に入った水なんか目もくれないカンジ。

思い余って、大好きなウェットフード少量にぬるま湯をかけて、

なんとか水分摂らせてたのです。

だって、尿石症は心配の種だから~ (T_T) 

そうはいっても、毎日そうしなきゃ飲まないのでは、今度はカロリーの心配が・・・(>_<)


それが、今朝 鳴き方がちょっと違うように聴こえて、ゴハンかしらと行ってみたら、

カリカリ・たらふく の後に、器のお水をゴイゴイ飲む 彼の姿・・・


ちょっと呆気にとられるくらい、びっくり (・_・;)


で、飲み干した器に2度目を汲んでみたら、まだ飲む。

飲んだら、ゴロゴロ言いながら ↑ 、フォトのようにそのまま満足そうに ↓ 寝入ってしまったです!


b0251624_2024854.jpg


 ↑ もう、すっごい満足そうなかおでしょ (*^_^*)



b0251624_2032995.jpg


その後は、仕事にでた私。

早めに帰宅してたダンナさんの話では、もう普通~~に飲んでるようで・・・

この いきなりの変化って、どうゆーコト??


・・・まぁ、とにかく良かった~ (^_^;)


b0251624_20431334.jpg


この子、人を癒すというか、心から幸せにしてくれる 何かとても良いものを、

持ってるんだと思う・・・ (*^_^*)


猫って、 みんな そうなんだろうと思うんだけど、

この子は、野良に在ってなお 光に満ちていたと思う・・・


本当に 幸せになって欲しいと思います。

人間のそばで、これからは 「愛」を経験していってほしいです。
[PR]
by sippohapu-rinrin | 2013-12-05 20:45 | ベランダ猫 仁くん | Trackback

本日の仁くん

b0251624_19412599.jpg


今日・夕方仕事から帰宅して、

仁くんの (仮)部屋に入ってみたら・・・



なんとなく、昨日の彼の雰囲気とちょっと 違う・・・?

昨日までは フォト・上 ↑ の感じだったんですが (^_^;)

窓のそばで、しきりに 「なんとか出る・出られる場所はないか?」って、

まるで今、窓開くんじゃないか? っていつまでも待ってるカンジがあって。

(それなもんで、可哀想だが 掃出し窓・下方、全面に外側から新聞紙張って

 外を見えなくさせてあります(>_<)


それが 今日は、確かに鳴くんだけど、


ちょーーーっと・・・  落ち着いた ・・・?


b0251624_1947695.jpg


b0251624_19543438.jpg



ビックリするほど、 ゴロスリにゃんに変身しております・・・ (^_^;)

もともと気を許してしまえば、気の良い懐こいタイプの子だなぁと思ってたけど・・・

去勢するとこうまで変わるのか っつーくらいのゴロスリにゃんこ に。


b0251624_2041878.jpg


人が入って行くと嬉しくて、まったくじっとしてない仁くん。

フォト、ブレまくりです・・・ (スミマセン(^_^;)


b0251624_20131765.jpg


 ↑ この右目の上に見える、白い部分が一番酷かった、カビだと勘違いした炎症。


でも、もうかさぶたもキレイになくなり、あとは毛が生えるのを待つだけって気がします。


考えてみると、入院前の外暮らしでは非常なツメの鋭さだった、もとノラ猫の彼。

医師の言ったように、そのスルドイ爪で、引っ掻いた際 外のばい菌に侵されたというのは、

実に正しい見解だったかと (^_^;)


実は、この炎症を目にする2・3日前に、

彼 異常~にまっくろけになってベランダへ現れたことがあったんです。

(体毛の白いトコまで全身まっ黒!)


一体 どこへ入ったもんだったか・・・ まぁ永遠の謎です (>_<)

b0251624_20401217.jpg



あと 2日。

ガンバレ、仁くん  (私も だが・・・(^_^;)
[PR]
by sippohapu-rinrin | 2013-12-04 20:44 | ベランダ猫 仁くん | Trackback
バタバタしていて(^_^;)

手術終了・お迎えの土曜日に 更新できませんでしたが(T_T)

今日・夕方 エリザベスカラーも取ってみて、大丈夫そうです。



写真も何も、撮ってません (T_T)

もう、病院へ迎えに行き連れ帰った土曜日の晩・・・


怖ろしいほど暴れた 仁くん (^_^;)・・・


もう、片付けに片付けて、一室まるまる彼に解放したのですが、

あまりに暴れるので、広めのケージに入れて落ち着かせようとしたところ・・・ 

それをも 壊した・・・(^_^;)



さすが です。

あんなパワーがなかったら、生後半年くらいの子猫が、

大自然の中 生き残っては来れません。

(ウチのぽ~にゃんとか、きっと無理です(T_T)


近隣には、事前に事情を話して了解を得てはいたものの、あまりの破壊力の凄さに、

翌日 菓子折りを持って謝罪に参りました・・・(>_<)


でも、そんな地獄(?)の一夜に、

唯一の救いは、ぽ~にゃん&つきちゃんが殆ど状況を意に介さず、殆ど普段通りでいてくれたこと…


心の底から 有り難かったです (*^_^*)


特につきちゃんの口内炎が、他猫のいるストレスでまた悪化しちゃったらどうしようと…

夫婦で心配してたので (^_^;)



さて・・・ 仁くん いまも鳴いて(泣いて?)おります。


波みたいのがあって、鳴き出すと30分くらい鳴いてるんだけど、

その後は収まって・・・ また何かのきっかけで鳴き出して・・・ って感じです。

一昨日土曜日は ちょっと、可哀想だとかってこちらも気が参ったところがあったのですが、

日曜からは少し肝が座りました (^_^;)


これを耐えずに、いままでの苦労はなにか、 ってことですやね。



里親さんへは、

術後経過診察の金曜日に、病院へともに参って、診察後お引渡し、という事に。


いっそ 彼の全く知らない土地に行ってみれば、もう外は 「わからない」 わけだから、

本にもあったんですが、いいのかもしれないですネ。

ウチだと、窓の外が自分のテリトリーだって一目瞭然なので、やっぱり出たくて出たくて、鳴く。


根競べ です (^_^;)

くじけまいよ、自分。



先ずは ご報告まで。




PS 仁くんの件の「カビ」 ですが・・・

 医師の話だと、「カビ」の可能性は3・4割程度 だそうです。

 カビかどうかは(また、カビだった場合)培養してみないとどんなカビかはわからないそうで。

 いまは培養待ち。 水曜日頃に結果が電話で来ます。

 どちらかと言うと、ひっかき傷が炎症を起こしたか、 という可能性の方が高いらしいです。

 実際、病院で消毒して貰って帰ってきたら、みるみる良くなって、かさぶた出来てる(^_^;)

 と いう現在です。
[PR]
by sippohapu-rinrin | 2013-12-02 21:35 | ベランダ猫 仁くん | Trackback