しっぽはプープー sippopupu.exblog.jp

2012年4/5生・MIX♂ ヘタレだけど「えらいネ!」が大好きな「七宝」の癒しの毎日♪たまに猫まんがも描いてます♪


by りんりん
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

そのあと

b0251624_10292377.jpg

「ずいぶん ごしんぱいかけてますがニャー
かあしゃんのようす、よくニャってますんニャ♪」


昨日の夕方から
少し腫れも引き始めました
赤くなってる所に菌がいるんでしょうな…
(ーー;)
b0251624_10292402.jpg


b0251624_10292549.jpg

右手の親指の関節炎が治らないままの所への
咬み傷が 結構 影響あります…(^^;
足も引っ掻かれた後が多数でしたが
引っ掻かれてるのは納得できたのですが、
何故か 打撲の痕も多数… なんだろうなぁ?
いつやったんだ、自分よ( ̄▽ ̄;)

b0251624_10292634.jpg

右腕の裏側も咬み傷があったことには
外科へ飛び込んでから気がつきまして。
直後に洗ったり消毒してないからか、
結果 一番パンパンに腫れて 熱をもちました
今もまだ熱くて赤いです
(写真撮ってたら、王子が傍をウロウロするんですわー
腕の向こう側に写ってるのは、王子です♪
このヒトは、一件後からしばらく私の周りから
離れなかったのです…(^_^)

b0251624_10292725.jpg

「かあしゃんは はしょうふうのちゅうしゃも
うったのニョ
でも はしょうふう ってニャに?」

月埜さん…なんだか面白い体の形になってますよ( ̄▽ ̄;)
いつもマイペースで結構なことですよ



休日診療から帰宅した夜、
ネットで色々みたら

野良の猫の咬み傷で怖いのは
・猫引っ掻き病
・パスツレラ感染症
・破傷風菌
・狂犬病

だそうで (^^;


破傷風ワクチンは全部で3回
2回目が1回目の1ヶ月後。
その1年後に3回目を打って、もう一生モノの
破傷風菌から守られるそうです。
もう今生で アフリカへ行くこともないだろうから
破傷風ワクチンなんか打つことはないだろうと
思ってましたが…
こんな経験をする事になるとは(笑)

赤く腫れて熱を持つのは
患部で 猫引っ掻き病菌やパスツレラ菌が
体内の免疫や投与された抗生物質と闘ってるからだそうで

休日診療で行った外科の医師は優しくて
良い先生でしたが、

「猫に咬まれたら消毒しても8割方必ず化膿するからね。
膿が出てきたら、傷口を指で開いて膿を絞り出してね」と
何度も言ってたのですが…
それが 怖かったですわ ( ̄▽ ̄;)

オトナになってから大怪我なんかしたこと
ないんだもんね
膿!? ナニソレ!
シボリダス!? ジョーダン!!
ただでさえ 何でこんなに痛いのか!ってくらい
痛いところを、指で? 自分でやるの!?
バカじゃないの!?(笑)


翌日行った かかりつけの外科の先生は
「抵抗力が勝って 抗生物質が効いてれば
化膿までしないから、多分大丈夫だよ
なるべく安静にしてもらって、
お風呂はシャワーだけ。湯船はダメ。
もし2・3日しても状態が変わらないとか
悪くなるようなら すぐ来てね」
と言ってくれたので、ちょっと安心しました…
(ーー;)


猫のお口の中は
ご存知の通りに 雑菌でいっぱいな訳ですが

私も今回初めてちゃんと知ったのは、
野良ちゃんは 必ずと言っていいほど
蚤がいますよね
猫が毛繕いする際に、その蚤フンや死骸などが当然 お口の中に残りますね
それが 人を咬んだ時に、人の身体に入って
蚤の色々が持つ悪ーい菌が
悪さするというのが
猫引っ掻き病のシステムみたいなんですねー
(てぇことは、ワタシの身体に蚤…キャー!!
スミマセン。反省ついでに思い切り
考え詰めとこうと思いました(^^;)


そして 狂犬病は挙げてないページもありましたが…
このところのニュースでは、
マダニに噛まれてる野良の猫を保護しようとした方が
マダニ感染症(SFTS)で亡くなったそうで
↓ ↓ ↓ ↓
http://www.sankei.com/smp/life/news/170724/lif1707240038-s1.html

(ご冥福を本当に心からお祈りします)


これは 確認できたのが、世界初のようなのですが
ウチのダンナさんが、その記事をすかさず見つけて
「大丈夫か~!?」と…


(花澄さんがマダニに噛まれてるかどうかなんて!
もしそれでどうかなっても、そんなのは
無理に事を進めようとした私の自業自得ですから!)

花澄さんにとっては
どんな恐怖にも勝るような目に、
私が遭わせてしまったのですからね…



なんでもそうでしょうけれども
とにかく 無理やり ってダメですよね…
絶対 ダメ。

深く心に沁みた 自業自得です……






心が折れたままなので
妹にラインで報告してみたら
↓ 送ってきてくれた 心温まる写真

b0251624_10292875.jpg


b0251624_10293020.jpg


b0251624_10293191.jpg


こうくん… きみの親族もしあわせにできたらなぁ と
思ったんだけど…

ごめんね……



b0251624_10293303.jpg

ついでに ウチの仔たちの心和む画も。




私、猫にこんな風に咬まれたのは本当に
初めてだったのですが

今さらながらに 感じたのは、
ずっと 家族として猫と暮らしてきて、
この仔たちは その気になれば
私やダンナさんの身体を ここまで傷つける事が
できるものを自然に持ってるんだなぁ と。


でも 何があっても
決して その牙も爪も使おうとはしないで
いてくれてるんだなぁ と。
…きっと 使おうと考えることもしないですよねぇ


それは 見た目
当たり前な事なのかも知れないけれど、
人と猫との間にある 目に見えない
一朝一夕には培えないもののおかげなんだろうなぁ って


あらためて
そんなことも思いました



だから どんな理由があろうとも
無理やりは 絶対にダメ。






ご心配おかけしました
お見舞いのコメント、本当にありがとうございました
さぁ 心も体も回復に向かって レッツラゴーで
ございます










[PR]
トラックバックURL : http://sippopupu.exblog.jp/tb/27010524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sippohapu-rinrin | 2017-07-25 22:00 | 七宝以外? | Trackback