しっぽはプープー sippopupu.exblog.jp

2012年4/5生・MIX♂ ヘタレだけど「えらいネ!」が大好きな「七宝」の癒しの毎日♪たまに猫まんがも描いてます♪


by りんりん
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

花霖さん、ご奉公に

(備忘録かねてます。長文です)


こんな時間になってしまいましたが、
花霖さん、仔猫(キジシロの仔)、
昨日夕方までに 確保できまして

仔猫は昨日 速攻、病院で検査
猫HIV、猫白血病 とも陰性
体重1.5kg
お腹にはコウチュウの卵いっぱい((ーー;泣)でしたが、
「ブロードライン」という体内外 全ての虫
(凄い時代なんですねぇ、今って…(^^;) を
駆除できるパーフェクトなお薬を投与され
昨日からおうち猫修行に入りました~


b0251624_21322560.jpg

「…でも ボクはまだまだぜったいけっして
なれてニャんか やらニャいのニャ!!」

だそうです…( ̄▽ ̄;)
トホホ …
ゆうべケージを脱走して
部屋を大荒れさせたようです
今日はほぼ1日泣きどおし…

仁さん以来。
がんばります




b0251624_21322640.jpg

そして、花霖さん

花霖さん、
隣市の 動物愛護専門学校常駐スタッフ猫
という肩書きで、
正式にお話 頂き、ご奉公決定です

(↑写真は 昨日夜。
確保は夕方3時頃でした
午前中ゴハンをほぼ抜いてたので
昼過ぎには ファミリー勢揃いしてました(~キジ白くん以外)


3時過ぎに花霖さん大好きな ちゅ~るを持って行ったら、
花澄さんも寄って来て…一緒にあげてる所へ
後ろ手にした洗濯ネットを被せまして。

抵抗ありましたが、隣に用意済みの扉を開けたケージへ
もう有無言わさず。(^^;

しかしケージ内で、締め切れなかった洗濯ネットのチャックから
花霖さん、頭出して ちゅ~るを再び(笑)
確保模様を全て見ていたはずの花澄さんも
また寄って来て、当たり前のように再び
ちゅ~るを…

「花澄さん…もしかして天然…?( ̄▽ ̄;)」と
思わず突っ込み入れてしまいました



しかし、シーツで覆われたケージに入れられ
我に返った花霖さんが 泣き叫び始めると
花澄さんも他のファミリーも
散り散りに遠巻きになりました(泣)


一昨日、実は
花霖さんにはウチに1本残ってたフロントラインを投与してたのですが、
(それが、驚くほどすんなり出来たので
翌日に考えてた確保も捕獲器未使用で
出来るんじゃ…? と思ったのです)

午前中に、キジ白くんから虫出てたので
家に上げる訳にいかず
玄関先にケージのまま置いて(その間ずっと泣きどおしでした~辛かったです)
揃えるものもあるので、買い物に出ようとしたら
ファミリーがまた玄関先に集合して
花霖さんの泣き声を不安そうに聞いておりました

b0251624_21322766.jpg


b0251624_21322803.jpg

(花澄さんはこんな時でも モリモリ食べてましたけど…もう妊娠してるのかも……)



b0251624_21322906.jpg

花霖さんの方は、泣きどおしなので…
アパートのこともあり、
涼しくなってきてからは 車へ移動。
↑夜 お水を持って 様子を見に。

やはり 泣いてました…


朝まで 車で過ごしてもらい…


b0251624_21323080.jpg


b0251624_21323140.jpg



朝 紹介された獣医さんのもとへ。

b0251624_21323240.jpg


b0251624_21323343.jpg

獣医さんで最後の写真

(ケージ内ばかりの写真でスミマセン
一度入れたら、脱走の危険から絶対出せないので)



獣医さん、凄い方でした
D医科大学名誉教授で医学博士の方で
一般の獣医行為もするけど、
犬猫愛護の基に避妊去勢手術を推進させる
活動を、地域のボランティアさんたちと
行っているのだそうで…

優しそうな初老(?)の紳士で
なにより、犬猫の命を真から大切にされてる方と
お話していて安心を感じることができました

お話してる最中に、ボラの方が次々やってきて
皆さん、優しい気さくな主婦みたいな(^w^)

花霖さんの手術後の預りも
そのうちの1人の方が引き受けて下さいました
(感謝するしかありません…)



学校で、
生徒さんに動物に馴れて貰うために
学校スタッフとして大切に終生飼養されてる猫たちの仲間として
抜糸後容態を見て 花霖さん、行くことになるそうです
(みんニャ 大切に一生、
ゴハンに困るようなことはないと
お約束下さいました)

なので 私どもの方へは戻さずに、そのまま。
病院でこれきり 別れる形。




お昼前後に病院から電話があり
手術は無事に終わりましたが、
花霖さんのお腹にはもう既に次の仔たちが
待機していたそうです

これは本当に辛いことでしたが
私には 何が酷なことなのかはわからないです


生まれることが叶わなかった、
小さな小さな生命たちが
どうか 次には充分に愛される生を
営むことができますように…

b0251624_21323467.jpg





花霖さんには、今月1日に初めて会って
3週間にも満たない とても短い期間でしたが、
いま なんだか本当に寂しいです
自分でも不思議なくらい 寂しい。
こんな寂しさって あるんだなぁ…


花霖さんとは
きっと何処かの人生でも 出逢ったことが
あるのかも知れないですねぇ……


一生 忘れられない仔です




そして
花澄さん、来週日曜日に手術予定。
またちょっと 気合い入れます





(そして すみません…
やっぱり色々 辛くてですね…
キジシロくんのおウチ修行もあり(←これが一番厳しいのかも(^^;)
ダンナさんの禁煙治療と食事療法もあり…
来週いっぱいブログ活動お休みします
今 コメントのご返信も出来ずにすみませんが
応援、本当にありがとうございます)
















[PR]
by sippohapu-rinrin | 2017-06-17 21:30 | 七宝以外?